ウォーターサーバーを契約する前に

中古ウォーターサーバーの注意点とは?

ウォーターサーバーは業者からのレンタルが主流ですが、「購入」という選択肢もあります。
購入すると毎月のレンタル代がかからなくなるので、長く使い続けるならお得かもしれません。
ただ、安いものでも20000円前後するため、機能性やデザイン性にこだわると
初期投資が大きくなってしまいます。

そこで気になるのが中古のウォーターサーバーですよね?
リサイクルショップに行ったり、インターネットオークションなどを見ていると
様々な中古のウォーターサーバーが格安で販売されています。
ウォーターサーバーを安く購入するなら中古で買う方法もありますが、
中古には中古のリスクがあります。
中古ウォーターサーバーを検討されている方は、どのようなリスクがあるのか
しっかりと理解しておかないといけません。




中古ウォーターサーバーのメリットとは?

中古ウォーターサーバーを購入する最大のメリットは安さです。
新品で購入するよりも格段に安くウォーターサーバーを入手できます。
購入してしまえば毎月のレンタル代が不要になり、
年間のランニングコストを大幅に下げることも可能です。
月々500円のレンタル代がかかるものを買った場合、年間6000円ほど維持費を節約できるので
馬鹿になりませんよね。


中古ウォーターサーバーの注意点やリスク

安くウォーターサーバーを購入するなら中古が一番ですが、安易に買ってしまうのは危険です。
様々な注意点やリスクがあるので、きちんと覚えておきましょう。
中古ウォーターサーバーの注意点・リスクは以下の通りです。

・故障のリスク
中古で最も注意したいのが故障のリスクです。
一度、誰かが使用したものなので、新品と比べると故障のリスクが大きく、
場合によっては買ってすぐに壊れてしまうこともあります。
不良品を購入した場合、修理費がかかるので、新品を買うのと変わらない出費になるかも・・・。
そうなると中古で買う意味がまったくないので、
購入前にウォーターサーバーの状態をよく確認しましょう。
少しでも不安を感じるなら購入は避けた方がいいと思います。

・最新機能が搭載されていない
リサイクルショップに並んでいるものやインターネットオークションに出品されているものは、
ほとんど型落ちの製品です。
最新のウォーターサーバーを中古で購入するのは、とても難しいと思っていいでしょう。
型落ちの製品の場合、最新機能が搭載されていません
電気代を節約できるエコモードや自動メンテナンスといった機能が搭載されていない
可能性があります。
そのため、機能性を重視する方は中古での購入は避けた方がいいでしょう。

・水が確保できない
サーバーレンタルだと水が自動的に自宅に届きますが、
中古で購入した場合はそれが難しくなります。
宅配水だけでもOKという業者もありますが、非常に少なく、
ほとんどの業者がサーバーレンタルとセットになっています。
業者が見つからなかった場合、自力で水を用意するしかありません
スーパーで水を買って使ったり、水道水を入れて使うこともできますが、
これではウォーターサーバーの意味がないですよね?
後から困らないためにも必ず宅配水だけでもOKの業者を見つけてから、
中古ウォーターサーバーを購入しましょう。

・自分でメンテナンスをしないといけない
中古ウォーターサーバーにはメンテナンスの問題もあります。
レンタルだと業者にメンテナンスをお願いできますが、中古で購入した場合は自力で行います。
こまめに清掃しないといけないので手間はかかりますが、やらないと雑菌が繁殖して、
安全な水を飲むことができません。
メンテナンスの楽さを考えるならレンタルが一番です。

・気軽に乗り換えができない
中古に限らず、新品のウォーターサーバーを購入した際にもいえることですが、
一度買ってしまうと気軽に乗り換えができなくなります。
レンタルだと1年や2年ほど使えば違約金なしで乗り換えができるので、
使おうと思えば常に最新のウォーターサーバーを使えます。

しかし、購入となると最初に数万円の初期投資をしているので、
元を取るまで乗り換えができません

長く使い続ける自信がないのならウォーターサーバーの購入はやめた方がいいと思います。


中古ウォーターサーバーを購入する際のチェックポイント

安いからといって安易に中古ウォーターサーバーを購入するのは危険です。
必ずこれから紹介する項目をチェックしてから購入しましょう。

・使用年数はどのくらいか?
古いタイプや使用年数が多いウォーターサーバーほど故障のリスクが大きいです。
あまりにも使用年数が多いものだとすぐに壊れてしまう可能性があるので注意しましょう。
安くても過度に古いタイプのウォーターサーバーはおすすめできません

・故障箇所はないか?
故障箇所がないかきちんと確認してから購入しましょう。
激安の中古ウォーターサーバーの場合、どこか故障している危険があります。
性能に関係なければいいですが、関係ある場合は修理しないといけないので
余計なお金がかかってしまいます。

・返品、交換ができるか?
万が一のために返品・交換ができるか確認してください。
インターネットオークションは基本的に「ノークレームノーリターン」なので、
できないケースが多いですが、業者から購入する場合は返品・交換が可能な場合もあります。

・保証はあるのか?
中古のウォーターサーバーを買う際、保証の有無や内容を確認しましょう。
故障・トラブルが起きた時のために保証がついているのか、どんな保証を受けられるのか、
といったことを知っておかないといけません。


中古ウォーターサーバーにはいい面もあるがデメリットの方が多い

安く購入できて、毎月のランニングコストを抑えられるというのが
中古ウォーターサーバーのメリットです。
維持費を考えるなら中古ウォーターサーバーを利用するのも1つの方法ですが、
デメリットの方が多いので、よく考えてから購入しましょう。

新品よりも故障のリスクが大きかったり、宅配水を使えないのはとても痛いですよね・・・。

レンタルだと毎月レンタル代がかかりますが、保証がありますし、水も自動的に届けてくれるので、
安心して利用できます。
最近ではレンタル代無料という業者も多いので、
購入するメリットが以前よりも失われてきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴