ウォーターサーバーの基礎知識

常に進化している!今と昔のウォーターサーバーの違い

今でこそウォーターサーバーは一般家庭でも使われるようになりましたが、
昔は会社やお店、病院などでしか使用されていませんでした。
一般家庭でも使われるようになった理由、それはウォーターサーバーの進化に隠されています。
年々ウォーターサーバーは進化しており、今と昔では様々な点に違いが見られます。
そこで、今と昔のウォーターサーバーの違いについてお話したいと思います。




今は選択肢が多い!好きな水を選べる!

昔はウォーターサーバーがそれほど普及していなかったため、選択肢が少なく、
自分好みの水を飲むことができませんでした。
「この水どこかで飲んだことがあるかも?」なんてことも珍しくなかったです。
一方、現在はウォーターサーバーの普及に伴い、様々なメーカーが業界に参入しています。
その結果、自分に最適な水を選べるようになりました。

特に人気なのが天然水のウォーターサーバーです。
RO水よりもコクがあり、美味しいと評判で、
天然水のウォーターサーバーを選ばれる方が増えています。
天然水の需要が高まったことにより、バリエーションも以前より増えました。
以前は富士山の天然水がメジャーでしたが、今は大分県や京都など様々な地域の名水を飲めます。
メーカーによっては複数の天然水を取り扱っているので、
その時その時の気分で好きな水を飲むことだって可能です。


昔よりも機能が圧倒的に充実している!

今と昔のウォーターサーバーでは搭載されている機能がまったく異なります。
使い勝手が一昔前よりも格段にいいので、初めての方でも安心して利用できます。
たとえば、現在ウォーターサーバーには、以下のような機能が搭載されています。

・温水機能
今でこそ温水機能が当たり前についていますが、昔は冷水機能のみでした。
温水機能が搭載されたことで、使用用途が広がり、
料理やミルク作りなど様々なシチュエーションで利用されるようになった
のです。
これが一般家庭にウォーターサーバーが普及した理由といっても過言ではありません。
ウォーターサーバーの種類によっては、温度調整ができるタイプもあります。

・節電機能(省エネモード)
ウォーターサーバーは電気代が高いと思っていませんか?
一般的にウォーターサーバーを導入した場合、月々1000円前後かかるといわれていますが、
節電機能付きのウォーターサーバーならそこまでかかりません。
電気代が安いタイプだと月々500円程度で済みます。
次々に電気代がかからないウォーターサーバーが登場しているので、
今後はもっと省エネなものが出てくるかもしれません。

・チャイルドロック
昔は子供が誤ってウォーターサーバーを触ってしまい、
火傷をするなんてトラブルも少なくありませんでした。
しかし、現在のウォーターサーバーにはチャイルドロックがついています。
子供が触ってもお湯が出ない機能が搭載されているので、
小さなお子様がいる家庭でも安全に利用できます。

・自動クリーンシステム(自動メンテナンス)
ウォーターサーバーの衛生面を維持するにはメンテナンスが不可欠です。
昔はお金を払って定期的に業者にメンテナンスを依頼するのが一般的でしたが、
今はメンテナンフリーのタイプもあります。
自動クリーンシステムが搭載されているタイプを選べば、
勝手にサーバー内部の洗浄を行ってくれるので、わざわざ業者に依頼する必要がありません。

メンテナンス費用を節約できるので非常に経済的です。


容器の処分が簡単!ボトルで部屋が占領されない!

昔はウォーターサーバーといえば丈夫な硬い素材でできた回収タイプの
ガロンボトルが一般的でした。
現在でもガロンボトルは利用されていますが、
回収日まで部屋に保管しておかないといけないというデメリットがあります。
見栄えが悪いですし、ハッキリ言って邪魔ですよね。
また、再利用タイプなので、衛生面が不安という方も少なくありません。

現在の主流はワンウェイボトルです。
ワンウェイボトルとは、使い切りタイプのボトルで、
使い切ったら折りたたんでゴミ箱に捨てることができます。

これなら邪魔にならないですよね?
ガロンボトルのウォーターサーバーよりもお値段は高めに設定されていますが、
処分が簡単ということもあって、多くの方が利用しています。


デザインのバリエーションが豊富!

昔はシンプルなデザインのウォーターサーバーが一般的で、
お世辞にもオシャレとは言えませんでした。
むしろ、ダサいデザインのものが多く、部屋の景観を損なう危険があり、
導入に踏み切れないなんて方も少なくなかったです。
しかし、今はデザインのバリエーションが豊富で、
オシャレなウォーターサーバーもたくさんあります。
デザイン性に優れたタイプならインテリアの役目を果たします。
オシャレ、スタイリッシュなウォーターサーバーが増えたことで、女性の利用者も増加しています。


サイズを選べる!一人暮らしでも安心!

ウォーターサーバーというと大きくて邪魔なイメージがあるかもしれませんが、
それはもう過去のことです。
今のウォーターサーバーはスリムで、スペースをとりません。
中にはコンパクトサイズや卓上タイプもあって、一人暮らしの方でも気軽に利用できます。
サーバー本体だけではなく、ボトルサイズが選べるタイプもあります。


コストパフォーマンスが良くなった

「ウォーターサーバーは贅沢品」こうしたイメージを抱いている方もいるでしょう。
たしかに昔はコストパフォーマンスが悪くて、なかなか一般家庭で使用するのは難しかったですが、
現在は気軽に飲める値段まで下がっています。
ウォーターサーバー業者が増えたことで価格競争が生まれ、
手軽な金額で飲めるようになったのです。
毎日500mlのミネラルウォーターを買うよりもウォーターサーバーを設置した方が
はるかに安い
と思います。


ウォーターサーバーの進化は止まらない!今後さらに便利になる!

安全で美味しい水を求める方が増えているので、
ますますウォーターサーバーの需要は高まっていくでしょう。
それに伴ってウォーターサーバーもどんどん進化していくと思います。
今後、もしかするとジュースや炭酸水が飲めたり、飲みたい量を調整できるようになるかも!?
ウォーターサーバーがこれからどのような進化を遂げていくのか楽しみですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴