ウォーターサーバーの嘘・本当

浄水器があればウォーターサーバーはいらない?

うちには浄水器があるからウォーターサーバーは必要ない!という方も多いのではないでしょうか。
たしかにどちらも安全な水を飲めることには変わりませんが、
浄水器とウォーターサーバーは別物だと考えてください。
浄水器には浄水器のメリット・デメリット、
ウォーターサーバーにはウォーターサーバーのメリット・デメリットがあります。
このことを踏まえて、浄水器にするか、ウォーターサーバーにするか決めないと
後から後悔するかも・・・。


浄水器の特徴

浄水器のメリット・デメリットは以下の通りです。




メリット

・綺麗で安全な水を飲める
・わざわざ水を購入しなくてもいい
・ゴミが出ないからエコ
・設置スペースが不要(蛇口直結型、ビルトイン型の場合)

デメリット

・定期メンテナンスが必要
・初期費用が高い

ウォーターサーバーと同様、浄水器を取り付けることで綺麗で安全な水を飲めるようになります。
元が水道水なので水を購入する必要はありませんし、ゴミも出ないのでエコです。
設置スペースが必要ないので、置き場所に困ることもありません。

ただし、定期メンテナンスが必要だったり、初期費用が高いというデメリットがあります。
浄水器の相場はピンからキリで、安いものだと数千円で購入できますが、
高機能のものを使うとなると10万円以上します。
かといって激安の浄水器だと機能に不安があるので、ある程度の出費は覚悟した方がいいでしょう。


ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバーのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・安全で美味しい水が飲める
・水の種類を選べる
・初期費用が安い
・メンテナンスが不要
・熱湯が使える
・備蓄用として活用できる

デメリット

・水を注文しないといけない
・設置スペースが必要
・電気代がかかる
・空ボトルのしまつ

ウォーターサーバーの最大のメリットは、安全で美味しい水を飲めることでしょう。
浄水器でも安全な水は飲めますが、
美味しさは天然水が飲めるウォーターサーバーの方が勝っていますし、
水の種類だって自由に選べます。
初期費用はほとんどかからないので、浄水器よりも手軽に導入できます。
自動メンテナンス機能が付いているウォーターサーバーであればメンテナンスが不要です。
冷水だけではなく熱湯も使えて、ボトルを開封しなければ備蓄用としても役立ちます。

デメリットは設置スペースが必要な点、水を注文しないといけない点、電気代がかかる点です。
また、ガロンボトルの場合は、空ボトルの保管場所に頭を悩まされたり、
ワンウェイボトルの場合、ゴミになるという問題があります。


デメリットもあるが安全性と美味しさにこだわるならウォーターサーバーがおすすめ!

ウォーターサーバーには設置スペースや電気代などいくつか問題がありますが、
水の安全性と美味しさを重視するならウォーターサーバーがおすすめです。
浄水器は水道水に含まれている不純物を除去してくれますが、
放射性物質まで取り除くのは難しいですし、味が格段に向上するわけでもありません。
一方、ウォーターサーバーの場合、基本的にどこのメーカーも放射性物質のチェック
行っていますし、天然水を選べば美味しい水が飲めます。

ランニングコストを重視されている方や浄水器で満足している方は、
わざわざ乗り換える必要はありませんが、洗浄機能や味に不満がある方は、
ウォーターサーバーを検討してみてはいかがでしょうか?
最近では、お試し利用できるウォーターサーバーもあるので、
いきなり契約するのは心配という方は、
そうしたサービスを実施しているメーカーを探してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴