ウォーターサーバーの嘘・本当

やめる時に解約金がかかるって本当?

やめる時に解約金が発生するかどうかは、契約する業者によって異なるので、一概に絶対にかかるとはいえませんが、
基本的に契約期間中に解約をすると違約金・解約金を請求されることが多いです。
よく契約内容を理解せずに契約すると解約する時に痛い目を見るので注意してください。
もちろん、契約期間を過ぎてからの解約であればお金はかかりません。

契約期間と解約金は各ウォーターサーバー業者によって異なります。
1年から2年が一般的な契約期間で、解約金の相場は5000円から10000円程度です。
継続した方がお得なのか、やめた方がお得なのかは、残りの契約期間で変わるので、
1ヶ月のトータルコスト(水代、電気代、サーバーレンタル代など)を考えて判断してください。

たとえば、違約金5000円のウォーターサーバーと契約したとして、1ヶ月のトータルコストが4000円の場合、
契約期間が残り1ヶ月ならそのまま継続すべきです。
契約期間が残り2ヶ月の場合は、8000円のコストがかかるので、違約金を払ってでも解約した方がいいでしょう。
使わなかった時のことも考えて、ウォーターサーバーを契約する際は契約内容をしっかりと確認してください。

解約金や契約期間のことを考えずに利用したい!そんな人に管理人がおすすめしたいのがクリクラです。
クリクラは知名度の高いウォーターサーバーなので、名前を聞いたことがある人は多いと思います。
ほとんどのところは解約金や契約期間を設けていますが、クリクラにはそのような縛りがありません。
いつ解約してもお金はかからないので、極端な話、契約してすぐにやめることができます。
しかも、サーバーレンタル代が無料ですし、水代もリーズナブルです。
「ウォーターサーバーには興味があるけどずっと利用するかは分からない」
「夏だけウォーターサーバーを使いたい」こんな時は解約金がないクリクラをおすすめします。

ただし、解約金や契約期間はありませんが、ノルマはあります。
ノルマとは○ヶ月に○本以上注文しないといけないというルールのことで、
クリクラだと3ヶ月で6本未満の注文の場合、月1000円(税別)のサーバーレンタル料が発生します。
とはいっても毎月2本(24リットル)程度なので一般家庭ならそこまで頑張らなくても消費できるでしょう。
2人暮らしだと月2本、4人暮らしだと4本くらいが一般的です。
仮にノルマをクリアできなくても本来はかかるはずのお金なので、仕方がないと思えますよね。

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴