ウォーターサーバーの豆知識

料理に使う

料理の基本です。

今、おいしい料理を作りたいという人の間で、料理に使用する水をウォーターサーバにする人がいます。
そこには、放射線汚染の件もあると思います。水の安全をきちんと確保する事が難しい日本になって
しまったわけで、そうなると、常に水を購入していかなければいけません。それが、とても手間である
ため、ウォーターサーバを導入する家庭が増えているわけです。いざ、料理に使用するお水を全て
ウォーターサーバにすると、料理に使用するだけでなく、洗い物など様々な場面で使用する事になり
ますからね。そうなると、ウォータサーバのような宅配サービスのメリットが活かされます。

家庭の水一式をウォーターサーバにすると、料理にも使用したくなるのです。やはりなんといっても
料理の基本は、水です。おいしい水で料理を作ると、味も全然違います。特に、日本料理に使用する
出汁については、シンプルなだけに水がとても大事なのです。


プロの推奨しています。


実は、ウォーターサーバを使っているのは家庭だけではありません。プロの料理人にもその波は広がって
いるのです。それも、本格的な日本料理の店でも積極的に導入されているようなのです。ウォーター
サーバの水は、ミネラル成分が豊富に含まれていますので、普通の水とは違い、甘みが出てくるのです。

おすすめは出汁もそうですが、炊飯です。ミネラルを多分に含んだお水で炊くと、ふっくらとつやのある
ご飯が炊き上がるのですよ。料理屋の場合は、炊飯器とは違ってかまどで炊く事が多いですので、より、
おいしいお米になると思いますよ。

肉じゃがを作る

ミネラルウォーターを料理に使用している人が多いようなのですが、具体的にはどんな料理が
あうのか。日本人としては、煮物を作りたくなりますよね。そこで、肉じゃがを作る時のポイント
を教えておきましょう。

肉じゃがを作るときのポイントとして、硬水を使わないようにという事です。これは、肉じゃがに
限らず、肉を使用する料理の時の鉄則といえます。硬水を使ってしまうと肉が硬くなってしまう
からです。


鍋料理を作る

時期がずれてしまいますが、湯豆腐にも軟水がいいのです。湯豆腐の場合は、主役ともいえる豆腐を
日本の軟水で作っているので、料理としての一貫性を保つ為にも、軟水以外は考える事が出来ないのだ
と思います。

ところが、湯豆腐が盛んな京都の名物料理ともいえる水炊きなどの鍋料理については、硬水の方が
適しているのです。軟水の場合は、肉、野菜があまりに柔らかくなりすぎてしまうからです。鍋の
場合は、ある程度、歯ごたえも楽しんでおきたい料理になりますからね。そこで、中硬水を使用する
のが流行しているみたいですよ。肉や野菜の歯ごたえも楽しめるというだけではなく、肉の臭みを
とる効果もあるのだそうです。

水の種類は、軟水、中硬水、硬水の3種類しかありません。ですが、それぞれの料理によって、ベスト
な水は違うという事を理解しておくといいです。理想としては、3種類のウォーターサーバを常備して
おく事ですね。とても贅沢な事ですが

 

ウォーターサーバー
プレミアムウォーター

口コミはコチラ

 

ウォーターサーバーの基礎知識

 

ウォーターサーバーの嘘・本当

 

ウォーターサーバーを契約する前に

 

水の安全性

 

ウォーターサーバーの豆知識

 

メーカー別特徴